スポンサードリンク

2010年03月21日

慢性疲労症候群−子供の疲労

慢性疲労症候群−子供の疲労

最近は、子供でも「疲れた・・」という言葉を聞きことが多くありませんか?
子供は疲れ知らずと思いがちですが、大分疲れが溜まっているのかもしれません。

子供や若者で気になることは姿勢の悪さです。
しゃがみこんだり、手をポケットに入れたり、背もたれにもたれかかったりしている
子供や若者が多く、背筋を歪ませることが多く、背筋を伸ばすことは少ないような気がします。

特に、疲れているときは、頭が傾き、前のめりの姿勢になり、猫背で背筋が曲がって、
下を向いて歩きます。

立っているときも、安定した同じ姿勢がとれなくて、片足に重心をかけたり、
椅子に座る場合でも、もたれかかるような座り方をしたり、ほおづえをついて座ったりします。

このような姿勢は、疲れているというだけではなく、することがわからなかったり、
何もしたくないという態度の表現として受け取られます。

子供が疲れやくくなっている理由としては、生活リズムが不規則になり、夜型の生活に
なってきたという説もあります。

両親が共稼ぎで、夜に、ショッピングセンターから、子供と一緒に車で出てくるのを
よく見かけます。

親の生活サイクルに合わせると、子供の生活サイクルとしてはどうしても無理が出てくる
のではないでしょうか。

子供でも、精神的な疲労が溜まると、身体にも影響してくると思うので、子ども自身が、
精神的に充実して、「生きている」実感する機会をもっと与えてあげるといいでしょう。

休日に遊びに出かけるだけでなく、子供の精神的な面もリフレッシュする工夫をして
あげると心のリフレッシュと共に、姿勢もよくなり、だんだん元気を取り戻してくるでしょう。


posted by 慢性疲労症候群 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 慢性疲労症候群−子供の疲労 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

慢性疲労症候群−体のゆがみから

慢性疲労症候群−体のゆがみから

仕事が忙しく働き続けると疲労し、疲労を取るために休息をとって疲労回復する。
というう循環が継続していくと、少し余分に休息を取った位では、回復しづらいという
状態にある体の問題が、慢性疲労症候群です。

お小水の色で、疲労の度合いを測ることができるのをご存知ですか?
疲労の度合いが進んでくると、濃い黄色になったり、もっと状態が悪くなると、
褐色に近い色になってきます。

これは腎臓の疲れがピークに来ており、悲鳴を上げている状態です。
身体の調子を整えたり病気を改善する働きを、人間は誰しも生まれながら持っています。
自然治癒力を平等に持っていますので、自分自身で身体の調子を整えることができます。

上部頚椎カイロプラクティックというものがありますが、ご存知ですか?
自然治癒力に影響を与えている神経伝達を妨害する上部頚椎のたった一箇所のズレを
人間の手で矯正するだけで、治療できます。

身体のズレや歪のない状態をキープすることで、本来の健康な状態を取り戻し、
痛みなどから解放され、元通りの元気な身体になっていきます。

顎関節の位置が正常の位置からずれていると、歯の噛み合せが悪くなって
食事の時に、片噛みをしてしまい、食事するだけで疲れてしまいます。

慢性疲労症候群はたとえ休息しても回復しないで、疲労感が長期間とれず、
37度を超える発熱、首や脇の下のリンパ腺の腫れ、喉の痛みなどを伴います。

松田教授は、これらの症状が慢性Q熱の症状と類似している気づいて、慢性疲労症候群の
138人を対象に、実験を行いました。

その結果、そのうちの30人がバネッティに感染していたことが判明したのです。
そして、その感染者のうちの90%以上がイヌやネコなどのペットを飼っていいることが
分かりました。

飼い主は、ペットのだ液や便を介して感染し、発症していることが分かりました。

バネッティに効果のある抗生物質を用いることで、症状は改善されました。

ですので、これまでは、漢方薬などの対症療法が主流でしたが、上記のバネッティ感染例で
有効な治療方法が分かりました。

この病気がある人の中で、特にペットを飼っている人は、医師に相談の上、感染を調べて
もらうといいでしよう。
posted by 慢性疲労症候群 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 慢性疲労症候群−体のゆがみから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

慢性疲労症候群に効くサプリメント

慢性疲労症候群に効くサプリメント

慢性疲労症候群に効く栄養素は、エネルギーの代謝を補助し、体の調子を整える
ビタミンやミネラル類です。

ビタミンやミネラル類は毎日の食事からも摂取することは可能ですが、現在の食生活
だけでは、すべてを補うことは困難で、身体が疲れることで、身体のビタミンは消費されて
いきます。

そこで、日頃の食生活を補うのにサプリメントが誕生し、不足しているものを補うことが
可能になりました。

葉酸に含まれるいるビタミンB12は、赤血球を作り出す働きがあり、体内に取り込んだ
あとの炭水化物やたんぱく質を、エネルギーに変える時に欠かせないビタミンです。

これが不足すると疲労を感じますが、また摂取することで、疲労が和らいできます。

またビタミンB6は、脳内ホルモンをつかさどるセロトニンやメラニンなどを、体内で
生成するときに役立つビタミンで、不足すると、B12の体内吸収が低くなるので
ビタミンB12とB6は、一緒に取り入れてください。

脳内ホルモンのセロトニンは、癒しのホルモンと呼ばれ、精神的な気持ちや、食欲、
体の痛み、疲労回復には欠かせない睡眠サイクルを、コントロールする働きをします。

葉酸は、DNAのミスコピーを防ぐと共に、うつ病や脳の障害も防止する働きがある
ビタミンとされています。

しかし、とても壊れやすいビタミンですので、サプリメントで補うといいでしょう。
posted by 慢性疲労症候群 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 慢性疲労症候群に効くサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。