スポンサードリンク

2009年07月10日

慢性疲労症候群の治療方法

慢性疲労症候群の治療方法


慢性疲労症候群の、一番の治療方法は、長期的に体を休めることが、必要だと言われています。

会社勤めが長いと、責任感から休職をいやがる方が多いと思います。

しかし、身体を休めないと益々症状が悪化し、その後の回復も長引いてしまいます。

慢性疲労症候群に対して、一般的によいと言われる薬を次に挙げます。

漢方薬では、十全大補湯、補中益気湯、六君子湯等があります。

薬としては、メチコバール、免疫グロブリン、抗うつ剤、ビタミンCなどがあります。

そして、治療については、認知行動療法や段階的行動療法、眠剤等の処方などがあります。

これが慢性疲労症候群に効くという特効薬は見つかっていません。

今現在でも、長期的に、慢性疲労症候群に苦しみ続けている患者が多いのが現状です。

一説で、人間の体内ウィルスが、慢性疲労症候群に関係しているということも言われているので、

抗菌剤や抗ウィルス薬が効く例もあるようです。

そして、少し慢性疲労症候群が治ったからといって、またすぐに無理をすると、その反動で

症状が以前にまして悪化することもあるので、療養は少しずつ確実に治していくことが大切です。

また、代替治療というのがあり、薬を使うかわりに、サプリメントを使うのも色々あります。

アロマテラピーなど、精神的にリラックスするものも多くあります。

このようなものも積極的に取り入れれば良いと思います。

ちょっとしたコツで、心の持ち方がプラス思考に変わることもあります。

アロマテラピーは、自律神経によく効き、脳の疲労を軽減する効果があるようです。

そして、鍼灸なども効果のある場合があるようです。

慢性疲労症候群は、人から理解されにくく、心がさびしく社会的に孤立しやすいものなので、

周りの人が理解してあげることによって、患者の苦痛をすこしでも和らげることができます。

posted by 慢性疲労症候群 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 慢性疲労症候群の治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。